漢方やビタミン補給で慢性疲労を改善!

慢性疲労はつらいものですよね。
休んでも休んでも疲れがとれなくて、毎日毎日重い体を引きずって仕事に行く…
それが憂鬱でストレスが溜まりさらに慢性疲労が悪化して…
なんていう悪循環になってしまう可能性だってあります。

 

そんなつらい慢性疲労を、漢方や様々な栄養素を摂取することで改善してみましょう!

慢性疲労に効く漢方

慢性疲労などの不定愁訴(ふていしゅうそ)の症状は、
漢方が得意な分野であると言われています。
ちょっと苦くて飲みにくいというイメージのある漢方ですが、
東洋医学に基づいた漢方を飲むと疲労にはよく効きます。

 

特に補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、
十全大補湯(じゅうせんたいほとう)などは慢性疲労に効果的です。

 

ストレス解消も一緒にしたいなら柴胡加竜骨牡蛎湯、
典型的な疲労の症状をやわらげたいのであれば十全大補湯がよく効きます。

ビタミンとミネラルをバランスよく

ビタミンやミネラルは三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)のように表立った存在ではありません。
ですが三大栄養素を効率よく代謝させるのはビタミンやミネラルの役目なのです。

 

三大栄養素が主役級とするならば、ビタミンやミネラルは名脇役といったところでしょうか。
やはり脇役あってこその主役、光らせてくれる存在というのは大切ですよね?

 

特に摂取していきたいのはビタミンB群です。
その中でもビタミンB1とB2、B16は、
三大栄養素を代謝するために非常に重要なビタミンになってきます。
ビタミンB群は、まとめて摂取するとそれぞれが助けあって良い効果を発揮するともいわれています。

 

⇒慢性疲労の改善におすすめのサプリメントは・・

その他の慢性疲労回復に効果が期待できる栄養素

ビタミンC

抗酸化作用があるため、体内で発生する活性酸素の量を抑えてくれます。
活性酸素は体内の細胞を酸化させて老化を早めたり、
肝臓の細胞を酸化させて疲れやすくしてしまう原因の1つです。

 

特にストレスを感じたり、たばこを吸ったりすると発生しやすくなるため、
ストレスを感じやすい人や喫煙者はビタミンCが不足しがちになっていることも少なくありません。

 

レモンなどの柑橘類やイチゴ、ゴーヤ、ピーマンなどに多く含まれているので、積極的にとりましょう。

ビタミンE

ビタミンC同様に抗酸化作用があるため、疲労回復に繋がります。
モロヘイヤやかぼちゃ、ピーナッツ、ニラなどに多く含まれています。

クエン酸

抗酸化作用がある他に、疲労物質と言われている乳酸を除去する働きを持つため、
直接疲労回復に繋がる栄養素です。
基本的に梅干しや米酢、柑橘類などの酸っぱい食べ物に多く含まれています。

オルニチン

肝臓に働きかけ、代謝をサポートしてくれます。
肝機能アップに繋がるため、疲れを取り除きやすくなります。
シジミや牡蠣などの魚介類やえのき、チーズなどに多く含まれる栄養素です。

タウリン

オルニチン同様、肝臓の働きをサポートする栄養素です。
こちらもシジミや牡蠣などの貝類に多く含まれる他、タコやイカにも含まれています。

鉄分

鉄分が不足すると貧血気味になり、疲労感が抜けないような状態が続いてしまいます。
特に女性は月経や出産などの影響で鉄分不足に陥りやすいものです。

 

近年では間違ったダイエットを行う女性も多いため、食べないことで余計に鉄分不足になり、
疲れがなかなか取れない体になってしまっていることも少なくありません。
レバーや卵、アサリなどに多く含まれているので、貧血気味な人は積極的に食べましょう。

イミダゾールジペプチド

渡り鳥が飛び続ける事ができる力や魚が泳ぎ続けることができる力を持っているのは、
この栄養素があるからだと言われています。

 

そのため、鶏肉や回遊魚に多く含まれている物質です。
鳥や魚達が長時間動き続けられることから分かるように、疲労回復の効果を期待できる栄養素です。

必要な栄養素はサプリメントで摂るのがオススメ!

疲労回復に効果がある栄養素は色々とありますが、
これらをバランスよく食事だけで摂るとなると、相当大変なことになりますね。

 

「そんなに毎日のように食事に気を遣ってられない!」
という人も、多いことでしょう。

 

そこで、最近利用している人も増えているのがサプリメントです。
サプリメントなら誰でも手軽に入手することができるので、
簡単に始めやすく、続けやすいという利点があります。

 

特に食事を制限することなく栄養を摂取できるので、
いつでも好きなモノを食べられるところも魅力的ですね。

 

用法用量を守って飲んでいれば、副作用が起こることも殆どありません。
疲労回復のための手段の1つとして、
手軽に始められるサプリメント生活を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

このように、疲れを予防するために効果的な栄養素や漢方は色々な物が存在します。
我慢して気がついたら慢性疲労になっていた…なんてことになっては、
生活に大きな支障を来すことになりかねません。

 

今のうちから栄養素をしっかり摂ったり、漢方を飲むなどして、慢性疲労を予防していきましょう。

 

⇒慢性疲労の改善のためのサプリメントランキングはこちらから