ずーっと疲れてる…そんなあなたは慢性疲労かも…?

慢性疲労のことを説明する看護師

「今日は疲れたー」なんて言葉が口癖になっていませんか。

疲労というのは誰しもあるものです。

 

  • 家族サービスで出かけたら夜はクタクタ…
  • 運動会の父兄種目で頑張りすぎてヘトヘト…

 

これは普通に「疲れた」だけ。
体をある程度動かせば疲労が溜まるのは当たり前です。
でも疲労は一晩寝れば大抵は回復していて、よっぽど激しい運動でもしない限り、何日も引きずることなんてほぼありません。

 

ところが、最近どんなに休んでも回復しない疲労である、
慢性疲労」というものが広がりつつあると言われています。

 

慢性疲労とは日常生活もままならないほどに疲労が溜まった状態が、
ずっと続く状態を指すと言われています。

 

病院で検査をしても異常なし。でもどんなにぐっすり休んでも翌朝起きられない、
目が開かない、仕事に行くのがたまらなくしんどい…
そんなあなたは「慢性疲労」に一歩踏み込んでしまっているかもしれません。

 

とはいえ、慢性疲労も決して回復しないものではありません。
疲労とは「無理しちゃダメだよ」「少し休もうよ」という脳のメッセージなのです。
でも休んでも回復しないのであれば、別の方法で「体を休ませてあげる」ことで
それが回復する可能性があるのです。

 

疲労と一言に言っても、たくさん働いたり遊んだりしてクタクタになる肉体的な疲労もあれば、
仕事や人間関係などの精神的疲労もあります。
風邪を引いたりして体力を消耗してもやはり疲労というのは溜まるもの。

 

まずは自分の疲労がどこから来ているのかを知り、
そのうえで的確にその疲労をとるための行動を取らなくてはいけません。
そうしてきちんと疲労を取り除いてあげれば慢性疲労になるのも防ぐことができますし、
仮に慢性疲労になってしまったとしても改善できる可能性はとても高くなります。

 

あなたの体はずーっと疲れた状態になっていませんか?
休んでも何をしても疲労感が抜けなくて困っていませんか?

 

それ、慢性疲労かもしれませんよ?
対処法やその原因を知り、ぜひあなたを悩ませる慢性疲労を撃退しましょう!

 

一番上に戻る

疲労関連等の健康サイト

更新履歴